無利息 貸付

何度でも一週間利息無料のノーローンとは?

何度でも一週間は無利息という特徴のカードローンがあります。

 

それは新生銀行のノーローンというカードローンです。

 

一週間は無利息といいますが、どういう条件下で利息が無料になるかと言うと、

 

まず、借入日の翌日から利息が無料になります。

 

借入日から7日後までに完済すれば、利息はかかりません。

 

例えば、1日にノーローンでキャッシングした場合、8日までにお金を全部返してしまえば、利息はまったくかかりません。
8日までに全額返済しない場合、借入れした8日目から、超過日数分のみかかってきます。

 

そして、完済した翌月にまた借入れした場合、借入日の翌日から7日後までは無利息となります。完済した月内に再度借りた場合は利息がかかります。

 

ノーローンはこんな人に向いている!

 

ノーローンの特徴を簡単にまとめると、

  • 借りた日の7日後までは無利息
  • 借りた日の8日後から利息がかかってくる
  • 完済した翌月は、また借りた日の7日後までは無利息

という事でした。この特色を上手に生かせる人は、当然短期で返済ができる人です。

 

例えば給料前、飲み会に誘われて断れない、とか、ママ友の集まりに誘われてどうしても断れないとかっていうパターンですね。

 

お給料が入ったらさっさと返済すれば良いわけですから。借りてから7日後以内に返済すれば利息はかかりませんし、仮に借りた日から10日後に返済した場合だと、利息がかかるのは8日目から、つまり3日間分の利息しかかかりません。

 

それに、こういったノンバンク系のカードローンは利息が高いというイメージがあるかもしれませんが、ノーローンの場合、金利は実質年率 4.9%〜18.0%です。(人によって金利が違います。)

 

仮に一番高い18.0%だったとします。10万円を10日間借りた場合、

 

10万円×18.0%×(10日−7日)÷365日=147.9円

 

となりますから、たったの約150円ですね。

 

仮に一年間借りたままにしておくと、

 

10万円×18.0%×(365日−7日)÷365日=17,654.8円

 

となります。

 

ノーローンのご融資額は1〜300万円です。これがもし、100万円だと利息は約176,548円となります。長期で借りっぱなしは割高ですね。ですからそういう借り方をするなら他のローンを検討したほうが良いと思います。

 

逆に、お金を借りっぱなしにしない方、お給料などお金が入ってくるまでの、短期間でのつなぎとして利用する方は、ノーローンは向いていると思います。

 

ノーローンの上手な使い方

 

どうしてもお金が必要になった時、ピンチの時のお守り代わりに持っていると良いです。持っているだけなら手数料も利息もかかりませんし。

 

そしてお給料など、お金が入ったらすぐに返済します。完済した翌月はまた借りてから一週間後までは無利息になりますし、うまく使えば毎月利用しても、ずっと無利息で利用する事も可能です。

 

使っても使わなくても、いざという時のために、財布の中にノーローンのカードを入れておいてください。

 

ノーローンの紹介サイト、お金借りたい.com⇒借りてすぐ返したい時に便利なカードローン